手

がん患者さんのための

外見ケアLAB

 
笑顔でヘアーカット

がん患者さんのための

外見ケアLABとは

 外見ケアLABは、医者や家政学、心理学、人工知能の専門家、美容家、下着などのもの作りの専門家が集まって、乳がんの治療中、術後の経過を観察していらっしゃる患者の皆さんの、活発で前向きな生活を支援する方法を探索するオンライン研究所です。  乳がんは女性にとってとても身近な病気です。乳房の形、皮膚の外見に多様な変化が生じるお悩みについて、近年医療者による外見ケアが行われています。生活の質を改善することを目的とした治療で、このようなケアを通院できる人だけでなく、いつでも、だれでも、気軽に受けることができるようになるといいなと考えています。  私たちは、乳がん患者さんのお悩みが、治療の経過という時間軸に伴って変化すること、生活の場である、家庭、地域、社会という空間軸に伴っても変化することに着目しました。お悩みの対象が生活の場だとしたら、家政学、心理学、人工知能の専門家、美容家、下着などのもの作りの専門家にもできることがあるのではないかと考えたのがLAB立ち上げのきっかけです。  必要に応じて、笑顔の助け、衣服の色やデザインの助け、快適に身体にフィットする下着の助け、メイクの助け、ウィッグ他、いろいろなものの助けを借りて、活発に前向きに生活することが、健康な暮らしなのではないかと思っています。  外見ケアLABでは、患者さん自身の時間軸、空間軸の変化に応じ、いつでも、どこでも、必要なケアを受けられるような生活を支援するための、検索サイトを作りたいと考えています。しばらく時間がかかりそうですが、専門家の知識を人工知能で統合することで実現可能とも考えています。そして是非、乳がんを体験された乳がん患者の専門家もLABに参入して下さいますようお願いいたします。

外見ケアに関わる様々な要因

外見ケアに関わる要因

 外見ケアは患者さんがよりよい生活が出来ることを中心の考えとして、医療被服美容笑顔ものづくりと、様々な要因が相互に支援しあうことで成り立っています。



 
 


  活動履歴

 


2022年 9月16日
がん患者さんのための外見ケアLabホームページを公開しました
 
News
研究発表
 


  お問い合わせ

 

お問い合わせありがとうございます。

担当者よりご回答させて頂きますので今しばらくお待ちくださいませ。